ギャンブルは多くの人に愛されています。ゲームで大勝利を収めることができれば、あなたの人生を大きく変えることも可能です。最近本業を辞めて、ギャンブル1本に絞り稼ぐ人も出てきました。カジノで多くの時間を費やすプロのポーカープレイヤーやギャンブラーを目指す前に、ギャンブル業界に関する興味深い事実をいくつかご紹介します。 

世界人口の26%がギャンブルを楽しんでいる 

世界中でどれだけの人が貧困状態にあるのか疑問に思ったことはありますか?ではギャンブルをしている人が世界にどれだけいるのか考えたことはありますか?統計によると、世界の人口の26%がギャンブルをしているそうです。人数で言うと、16億人に相当します。しかもこれは、「ギャンブルを日常的に行う人みの数字です 

毎年少なくとも1回はギャンブルをする人あれば、年間42億人であるという調査結果が出ています。この数字を、現在の中国の人口14億人と比較してみてください。 

日本で長年禁止とされてきたカジノ 

日本では、ギャンブル施設の営業を認めることに対する抵抗が強くあります。パチンコ店が日本で営業を許可されているのはその歴史的な経緯があるからです。また、パチンコ店での収入は、様々な事業に活用されています。日本においては、カジノはずっと禁止されてきました。3年前、ようやくカジノの営業を認めることに国会で合意がありました。しかし国会は、訪日外国人を含めカジノで得た利益に対して課税する意向を示しました 

この動きは多くの投資家を落胆させることになりました。このような政策決定の流れの中で、多くの投資家が日本よりもマカオのほうがよいと考え、プロジェクトから撤退することとなりました 

ギャンブラー1人あたりにマカオが得る収入は1354ドル 

マカオはギャンブラーにとっての楽園と言ってよいでしょう。多くのプロのポーカープレイヤーが大勝を目指してマカオを訪れます。しかし、数字に目を向けてみなければいけません。マカオは、来訪者一人当たり平均1354ドルの収入を得ています。胴元が常に勝つということを心に留めておかなければいけません。 

そして、マカオは特別な場所です。中国内では基本的にギャンブルは違法とされていますが、マカオは事情が異なります。実は、マカオの収入の半分はギャンブルの収入によるものなのです 

アメリカの多くの州はギャンブルを禁止している 

カジノといえば、真っ先にラスベガスを思い浮かべますよね。しかし、実はアメリカのほとんどの州がギャンブルを禁止していることをご存知でしょうか。アメリカはギャンブル収入でマカオに次いで世界第2位ですが、ギャンブルによる収入2610億ドルのほとんどはラスベガスが所在するネバダ州で発生するものです 

ギャンブルは楽しく、またギャンブルは職業とみなされることもあります。以上に示したような数字を見ると、多くの人がカジノでの遊戯に興味を持ち、大勝ちするか大負けするかの勝負を楽しんでいることが分かります。 

ギャンブルはお金持ちにも一般人にも人気のある遊びなので、年々収入規模拡大していくことが予想できます。スロットマシンは安く楽しめるギャンブルのように思えるかもしれませんが、スロットをプレイする人の数を見るとスロットは一大市場となっていることが分かります 

気軽にギャンブルを楽しむ人もいれば、プロのギャンブラーと言えるほどのめり込む人もいます。今後、プロレベルのギャンブラーの数は増えていくのでしょうか?カジノ業界として、この傾向を憂慮すべきなのでしょうか?ギャンブラーの数に影響を与える要因を詳しく見てみましょう。 

まず、インターネットの存在です。より多くの人が、資金の有無に関わらずプレイを楽しめるようになりました。インターネットを介して、リアルの友人と一緒に、またオンライン対戦でポーカーをプレイすることができます。このようなサービスにより何度も練習を繰り返すことができるので、将来のギャンブラーの数に大きな違いを生むでしょう。その上、今はインターネットで必要な情報がいつでも手に入ります。無料でプロのポーカープレイヤーからゲームの戦略を学ぶことが可能になっています 

このことが意味するのは、気軽に楽しむ程度のギャンブラーはカジノで勝つことが難しくなるということでしょうか?もしカジノに行くのなら、ポーカーの席では特に、お金を失ってしまう覚悟をしておかなければいけません。ゲームの才能があれば、もしかしたら稼げるチャンスがあるかもしれません